弁護士にまずは相談 | いつ起こってもおかしくない医療トラブル、専門の弁護士が早期解決

いつ起こってもおかしくない医療トラブル、専門の弁護士が早期解決

弁護士にまずは相談

なぜ医療トラブルが起こってしまうのか

医療トラブルで特に件数が年々増大しているのが美容医療トラブルです。ホームページや広告などに記載されている効果を期待し施術を受けたところ、目的とする効果以外の被害が起こりトラブルとなるケースが多いようです。病院側に問い合わせても明確な謝罪などなく、うやむやにされて泣き寝入りすることもあります。 医療問題に詳しい弁護士グループなどでは、相談件数の増大や健康被害の件数は年々増加しているとしています。問題が起こる原因としては、国の規制がおいつかず過剰な宣伝が続くため、患者側に十分なリスクが説明ないまま施術を行ってしまうためではないかといわれています。被害にあわないためには、広告を鵜呑みにしないこと、医療機関の評判や口コミを確認する、施術を受ける前にリスクや効果について詳細を聞く、その施術が本当に自分に必要か確認する、といった行動が大切です。

実際に被害にあったら

では実際に医療トラブルかもしれないと思ったら、どうすればいいのでしょうか。当事者や家族が被害にあった場合、すぐにでも病院側に問い合わせたい気持ちもわかりますが、まずは冷静になることが大事です。というのも感情的に行動してしまうと医療者側に不信感をもたせカルテの改ざんや記録の破棄などにつながる恐れがあるからです。これらの行動を起こさせないためにも、まずは状況をよく考えましょう。 まずは国の消費者センターや国民生活センターに相談してみるのもいいでしょう。すぐにでも相談したい場合は弁護士に相談してみましょう。医療トラブルは特に難しい問題のため、相談だけという場合は無料で行っているところもあります。大事なのは一人で抱え込まず、誰かに相談することが大事です。