早めの相談が肝心 | いつ起こってもおかしくない医療トラブル、専門の弁護士が早期解決

いつ起こってもおかしくない医療トラブル、専門の弁護士が早期解決

早めの相談が肝心

病院に気を遣う時代ではありません。

病院にかかる機会は、生きていく中で何度かあります。小さな病気から大きな病気まで、さまざまな理由で病院を利用します。 もし、自分が医療事故などの医療トラブルに巻き込まれたらどうしたらいいのでしょう。医療トラブルに遭うことは絶対にないとは言い切れません。病院を利用する以上だれにも降りかかる可能性のあることです。 今は医療トラブルに関して、敏感になっている風潮があります。しかし、昔は今ほど表立っていませんでした。昔も、医療事故や何らかのトラブルは起こってきたはずですが、よほどのことじゃない限りテレビやマスコミには取り上げられてきませんでした。 これは、病院では医療ミスを口にすること自体タブー視されてきたことがあげられます。患者や家族は、おかしいなと疑問点があっても、医者に気を遣い、機嫌を損ねてはいけないという考えがあったからのようです。 不信に思っても、誰にも相談することなく、見逃されてきたわけです。

医療トラブル解決には、早めの相談を。

今は、医療トラブルに関して相談しやすくなってきています。弁護士や関係機関に相談することになります。 もし、これは医療事故かという疑いがあれば、出来る限り自分の出来ることはしましょう。 まず、医療トラブルの発生時にメモや記録を作成します。時間が経つと、記憶が薄れ信ぴょう性に欠けると判断されやすいため、時間をおかずに記録を残す必要があります。 また、感情的になりやすいですが、出来るだけ冷静な態度で臨みましょう。医師の説明を受けるとき、感情のまま対応していると、大事なことを見逃しがちです。医師の危機感をあおり、カルテの改ざんなどを促す可能性もあります。 何より大事なことは、早期に弁護士に相談することです。費用については、相談だけであれば比較的低い費用で済みます。 医療事故かもしれないと疑問が出てきたら、臆することなく、相談してみてはいかがでしょうか。